オンプレとクラウドの特徴、クラウドを使うメリットについて

Img

上図はよくあるオンプレミスのサーバー構成図です。通常のシステムでは情報公開用のWEBサーバー、データを貯めておくデータベース、他企業などの外部システムと連携するバッチサーバーなどで構成されています。

これらのサーバーを一つ一つ、セキュリティレベルを確保しつつ、プログラム管理、パッケージ管理といったメンテナンスするのは、とても大変です。

そこでこのような煩雑な業務を一つのシステムで管理可能にしたものが、AWS、GCP、Azureといったクラウドシステムです。クラウドでは、それぞれ独自に用意されたUIで、ソフトウェアのバージョン管理、ログの監視、DB、API、ネットワーク設定、ストリーミングの構築などを、 サーバーを構築せずに開発することが可能です。

そこでGCPを使った時の、システム構成図を紹介します。

Img

こちらは先ほど紹介したオンプレのシステム構成と、全く同一の機能を持つクラウド(GCP)の構成図です。

全てGCPで提供するUIで開発可能で、ログのトラッキング、パッケージバージョン管理が自動機能として備わっています。また、ネットワーク設定、セキュリティ設定もUIから操作するので、開発未経験者でも操作可能です。

また、AWSやGCPといったクラウドでは、システムを構築するためのAPIが提供されています。つまり、システム構築を全て自動化できるという利点があります。これまでの作業時間やエンジニアの人件費を大幅に削減できるでしょう。

クラウドに慣れていない方は、上図の構成図を見ても不明な点が多いと思いますが、弊社の熟練エンジニアがしっかりとサポート致します。